日本ではいつから結婚式と呼ぶようになったのか

日本ではいつから「結婚式」と呼ぶようになったのでしょうか?それには諸説イロイロありますが、はっきりした答えは無いようです。
少なくとも江戸時代にはそういった呼び方はしていませんでした。
当時は、花嫁の嫁入り道具を運んだり、両家のあいさつ・近所へのご報告と言った婚礼の儀式を行っていましたが、今の結婚式のように多くの方々に集まって頂き行うものではありませんでした。
また、式場で行うものでは無く自宅で行うものだった為準備には相当の時間と労力を必要としました。

結婚式の始まりともいえるのは、明治中期ごろから主流となってきた神前式です。
これは現在も残っている文化ですが、その歴史は意外と浅くきっかけは皇族の方々とも言われています。
神前式をきっかけに庶民の
方々の中でも少しずつ結婚式を自宅以外で行う事への抵抗が少なくなって行きました。

そんな時に起きた東京オリンピック・高度成長期・バブルなど日本の経済的な成長と共に、結婚式と言う名も段々と浸透してきました。
特に、バブルの時代は派手婚と言われる高いウエディングケーキに入刀する芸能人をTVの中で良く見かけ、若い方々は憧れ結婚式を特集した雑誌なども創刊されました。

現在も、そこまで派手ではありませんが少し前の不況の時期に比べるとお金をかける方が増えてきているそうです。
長い歴史をかけ、ゆっくりと浸透してきた結婚式の文化は、今でも女性たちの憧れとして広まり続けています。
いつか結婚式をと考えている方々は、是非思い出に残る最高の一日にしてください。



[Special Link]
思い出に残るウェディングフォトの撮影を行っている写真スタジオです === ウェディングフォト